トップ

抗糖化とアンチエイジング。

糖尿病などの持病のある人や、ダイエットをしたい人は糖質制限に高い関心を持っています。体内の糖とタンパク質が結合すると、AGEsの原因になってしまいますが、これがアンチエイジングの大敵になっています。糖質制限をして、炭水化物や糖分の摂取を抑えることで、抗糖化になるため、コラーゲンを生成しやすくして、お肌にハリや弾力を与えたり、太りにくい体質に改善して、若々しく健康な体を維持したり、脳を活性化する働きがあります。女性だけでなく、男性もアンチエイジングに高い関心を持っており、糖質を制限することで、適正体重を維持しやすくなります。

抗糖化には糖質制限です

糖は太るだけではなく老化につながります。糖化は体の中の糖が酵素の働きなしに体の中のたんぱく質と結びつくことです。糖を余分に摂取すると糖化となり、糖化されたたんぱく質は変性して劣化し、AGEsという老化物質になります。糖化は健康に良くないだけではなく、美肌にも影響します。糖化によってできるAGEsは褐色で肌のくすみの原因にもなります。アンチエイジングには糖化を防ぐ抗糖化が必要です。アンチエイジングのために抗糖化するには糖質制限をします。また、生活習慣も糖化の予防になるため、適度な運動や睡眠、禁煙など規則正しい生活を送ることも必要です。

糖化に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP